2012年10月29日

時田憲一2012年10月28日のつぶやき

tokeyneale / 時田憲一
時田憲一(tokeyneale)2012年10月27日のツイートまとめ http://t.co/lechhBp8 【Myブログ:心を支える心】 at 10/28 00:16

tokeyneale / 時田憲一
今まで漫画の「ベルセルク」と「ヘルシング」の名前だけ知ってて、内容を知らないために違いが分からなかったので両方読破した。この2つは名前の語呂も似てるが、内容も似ていると思う。 at 10/28 19:14

tokeyneale / 時田憲一
大変よかったのは両作品とも良くも悪くも宗教理解に繋がること。
「ベルセルク」は中世でキリスト教カトリック vs 異教徒(魔女・スピリチュアル=主人公サイド)。 
「ヘルシング」はキリスト教カトリック vs プロテスタント(主人公サイド) vs 共産主義(=無神論・科学万能主義)
 at 10/28 20:18

tokeyneale / 時田憲一
【ヘルシング】少佐の演説 http://t.co/nEuHgE8W 散々海外でもネタにされる「少佐」(あえて名前がないあたりが良い)。ナチス・ドイツは、共産主義ゆえ、強烈な無神論の科学万能集団。だからこそ「白衣」を着てる少佐。戦争しまくってるのも、風刺があり反面教師的にもいい at 10/28 20:29

tokeyneale / 時田憲一
岡田 尊司 の 人格障害の時代 http://t.co/HmsWJKp0 岡田精神科医の本の中で、『人格障害はサルトルの「(無神論的)実存主義」』と指摘されていた。そのニヒリズム(虚無主義=”無”信仰)は学生運動・共産主義(無神論・科学万能主義)のまさにそれであろう at 10/28 20:43

tokeyneale / 時田憲一
日本でも学問のロジックが「理数系 vs 文科系」と根本から間違ってるせいで、どうしても俗に言う理数系にいくと(無自覚なのか)共産主義の残党みたいな、科学万能主義(ニーチェが科学崇拝と批判した人々)が増える。理科に、数学(神学)を一緒にして「中世の宗教と同じ」になってる at 10/28 20:51

tokeyneale / 時田憲一
(続き)この最初から間違った土台の上に、有vs無の中国の道教フィルターが入るので、もうまさに科学的共産主義みたいになっている。アメリカの(神ありきの)近代科学(学問)とは全く真逆の理解へと向かってしまうことが嘆かわしい at 10/28 20:55

tokeyneale / 時田憲一
先程、「文学は解釈がみんな異なるけど、科学は絶対の真理だからそれはない。」というリツイートを少し横目で見て、その中国共産党の思想そのもののような、中世に滅びたカトリックの宗教ような、オウム真理教の初期の思想そのもののような、「根本から論理矛盾してる言葉の集約」だと思った at 10/28 21:02

tokeyneale / 時田憲一
自分は禅寺の生まれなので、「空(くう)」に対して、「無」と同じだから唯物論・唯脳論だとか、現実的な科学万能主義者だとか、勘違いされる。すでに彼らは「有vs無」の「道教フィルター」が掛かってる。中村元氏の言うように、有と無の上位概念が「空」なのだ、と。言ってもあまり理解されない憤り at 10/28 21:07

tokeyneale / 時田憲一
このサルトルの実存主義(無神論)を壊すためには、歴史的には「構造主義」。つまり抽象思考(通りで精神病圏の抽象思考値が低すぎるはずだ)。日本のリベラルアーツでない、理数系なんて間違った分け方をしているうちは、知識が横並びに暗記されるだけで、論理・構造的に上へ積みあがっては一生こない at 10/28 21:29

tokeyneale / 時田憲一
仮に道教フィルターの中で、”無”だろうが”有”だろうが、帰属意識となるエートス(行動慣習)があるうちはまだいいが、どちらも執着すれば「妄想」となり、合理的・理性的な値が低くなる。エートスがなくなるとアノミーになって自殺・殺人をする。他者軽視の多い彼らを救えるようなそんな方法論を at 10/28 21:37

tokeyneale / 時田憲一
(続き)だからもう破滅的なナチスドイツを足がかりに、ニーチェの永遠回帰から超人までを正しく理解したほうがいいような気がしている。一巡して開き直ったほうが次の建設的な見方に繋がりやすい at 10/28 21:41

tokeyneale / 時田憲一
先日もゼロ魔の作者の人が「児ポ法は一理ある。こちらも表現の自由を錦の御旗にしていてはいけない。」なんてツイートしていたが、もう「これはひどい」と思うと同時に、そんな誤った見方があること自体に驚いた。国を擬人化して「国さん」にも「国民を縛る権利」があるとでも思ってるのか at 10/28 21:48

tokeyneale / 時田憲一
(続)法は「国民を縛るもの」ではなく、「絶対権力・リヴァイアサンである国家を縛るため」に存在するのであって、「国民が自由を主張できる権利があるように、国家も自由を規制する権利がある」では本末転倒どころかめちゃめちゃに間違った理解である at 10/28 21:58

tokeyneale / 時田憲一
民主主義(神の下の平等という人間平等の観念)は必ず独裁者の恐怖政治を生む。カエサル、ナポレオン、ロベスピエール、ヒトラーのような「金持ちから金を奪って再分配させる、逆らう者は殺せ。」の(今で言う)共産主義。マルクスの「共産党宣言」のように「労働者を支配階級に。民主主義を闘いとる」 at 10/28 22:21

tokeyneale / 時田憲一
(続き)それでアメリカでさえ民主主義者(デモクラット)を嫌って、共和主義者(リパブリカン)と今でさえ称しているのに at 10/28 22:23

tokeyneale / 時田憲一
一気に本買いすぎて、どれから読んでいいか分からんことに http://t.co/AsLWRhjX at 10/28 23:37

tokeyneale / 時田憲一
(ちなみに全部古本) at 10/28 23:42






人気ブログランキングへ ←ポチッと押すとこのブログが推薦されます。押してくれると嬉しいな!

posted by 時ニール at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック